忍者ブログ

ふじーの。

漫画家 藤井みつるの公式ブログ

HOME映画(文芸)の記事
[2011/08/31] 王になろうとした男 (No.657)
[2010/10/13] トーク・トゥ・ハー (No.514)
[2010/10/11] 波止場 (No.506)
[2010/09/29] エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (No.493)
[2010/09/29] わらの犬 (No.492)

王になろうとした男

ouni.jpg監督:ジョン・ヒューストン
出演:ショーン・コネリー、マイケル・ケイン、クリストファー・プラマー、サイード・ジャフリーほか
王になろうとした男 - goo 映画

≪あらすじ≫ 19世紀、インド。ある新聞記者は偶然知り合った英国人二人と交流を深める。二人は壮大な計画を持っていた。ヒマラヤ奥地の地に行って王になろうと言うのだ。困難を乗り越えて目的の地へたどりついた2人は…


理想郷を追い求めた男たちの儚い生涯。
都合よすぎない~?て内容。王になってこんないいことを人々のためにしたいんだ!てわけでもなく…。どうなんだろうなあ、それ。「いつかビッグになってやる」ていう恥ずかしい若者と同じレベル。トップに登って為政者として目覚めるかと思いきや、野望が小っさ!!

前半かったるい。後半目的地に着いてからは緊張感も漂い、面白くなってきます。

作ってる側はそんなつもりないかもしれないけれど、未開の教養のない人種におれら親切に教えてやってる、ありがたがられた……なにおいが鼻につきます。エキゾチック素敵♪なんて魅せたってダメさね。アジアの人も鑑賞する可能性を考えてないんだろうか。制作当時の時代性なのか知らないが、そういう目線の映画珍しくないような気が。
個人的に好きじゃないなあ。
 

拍手

PR

トーク・トゥ・ハー

toku.jpg監督・脚本:ペドロ・アルモドバル
出演:レオノール・ワトリング、ハヴィエル・カマラ、ダリオ・グランディネッティ、ロサリオ・フローレスほか
トーク・トゥ・ハー - goo 映画

《あらすじ》 不慮の事故で植物状態に陥ってしまった女二人。そして彼女たちにひっそり寄り添う男たち。彼らは病院で出会い、お互い彼女について、自分について話をしていくうちに友情を深めていく。それとともに彼らの愛情も描き出されていくのだが…
アカデミーオリジナル脚本賞、ゴールデングローブ外国映画賞受賞作品。


これ好きか嫌いかって言われたら苦手なタイプ…。しかし。一生忘れられないかもしれない。ものすごいっす。

植物状態の女を愛する、てアバウト情報は前もって知ってまして。どんなことになっても運命を受け入れて愛するのよ、美しいのよ、そんな内容かと予測して観始めたんですが。いやもう、浅はかでした。こうまで人間の深い業を見せつけられて明日から人間やってていいんだろうかって気分になりそうです。

感動の愛の物語チックな感じから、徐々に衝撃の事実が明かされてきたりするんですが、その後も生理的に受け入れがたい展開を迎えていきます。ある時点から自分の脳がこれをどう処理していいのか分からなくなりました。いやはやもうわけわかんなくて泣きそう。鳥肌たちっぱなし。

人によってはこの映画は、ゲージュツなのかどうなんか知らんが暗くてキモイど変態映画。むしろそう感じるほうが正しい在り方な気がするよ!この映画R-15とかではないのかしら。青少年に悪影響を与えるって写真はないけど展開が…違うワールドへの扉を開かせてしまいそうです…。
衝撃度MAXだけれども人にはオススメしがたい作品。
 

拍手

波止場

hatoba.jpg監督:エリア・サガン
出演:マーロン・ブランド、エヴェ・マリー・セイント、リー・J・コッブほか
波止場(1954) - goo 映画

《あらすじ》 ニューヨークの波止場は悪徳ボスに支配された世界だった。ボスの悪行を警察に訴えようとした男は殺されてしまう。男の妹は真相をつきとめようとして、兄の親友に近付いていくが…
アカデミー賞8部門受賞の名作。


エンターテイメントって観点からいうとそんなには…。
蟹工船みたいに、搾取する資本主義と虐げられる労働階級の対決。みたいに観ることもできるし、単にボクサー崩れのしょうもないチンピラが、愛と復讐から自分の誇りをとりもどして立ちあがる話し、ともとれる。
要はちと堅苦しいやね。

ラストはまるでゴルゴダを行くキリストか何かのようで象徴的な場面でした。神父が熱く送りだすわけだし。

チンピラをやってたマーロンが、何十年かのちにはゴッドファーザーになると思うと感慨深い。

拍手

エディット・ピアフ~愛の讃歌~

piahu.jpg監督:オリヴィエ・ダアン
出演:マリオン・コティヤール、シルヴィー・テステュー、パスカル・グレゴリーほか
エディット・ピアフ 愛の讃歌 - goo 映画
 


《あらすじ》 フランスのシャンソン歌手、エディット・ピアフの人生を描いた伝記映画。愛の讃歌は日本で越路吹雪がカバーした。


時系列がかなり行ったり来たりするものの、つなぎがうまくて素晴らしい。
自分でも何がツボにきたのかわからないが号泣してしまった。

たいがい「ピアフ本人の歌を収録!」とかやりたくなってしまうような場面を、なんと無音にしてしまった度胸に讃歌!
さらに美人なのに見た目も何もかもピアフになりきった主演女優マリオンにも讃歌!!

芸事にとんでもなく秀でてる人って、大人になっても家庭に恵まれないことが多いのだろうか。日本でいうなら美空ひばりか。

拍手

わらの犬

waranoinu.jpg監督:サム・ペキンパー
出演:ダスティン・ホフマン、スーザン・ジョージ、ピーター・ボーガンほか
わらの犬 - goo 映画

《あらすじ》 暴力の横行するアメリカに嫌気がさし、イギリスに移住した数学者の夫婦。のどかな生活が送れると思ったデビッドだが、その村には妻の元彼がいて妻は内心穏やかならず。デビッドが猟に出ている間に、妻は元彼の訪問を受けるのだが…


うええええええ…。
観たことを忘れたい。ものすごく後味が悪い。
「ドッグ・ヴィル」とテイストが似ています。ドッグ・ヴィル好きな方は気にいること間違いなし。

とはいっても人間に潜んだ暴力性、矛盾を描き出したとして名作と言われている作品。
あれほどに暴力を嫌っていた数学者の切れ方がハンパない。
文芸ジャンルにしたけど数学者デビッドはホラーだ。誰か助けて。観た私を。

時代なのか、それともこの監督さんの描き方なのか。セックスの描き方が吐き気を催すほどにしんどいもんがある。それだけでもヘヴィなのにね…フフ。

拍手

プロフィール

HN:
藤井みつる
HP:
性別:
非公開
職業:
漫画家
趣味:
映画鑑賞と寝ることと城
自己紹介:
好きな映画
……《邦画》 太陽を盗んだ男、鬼畜、穴、切腹、キッズ・リターン、しとやかな獣、蝉しぐれ、クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲、築城せよ!、MIND GAME、ジャズ大名
……《洋画》 新しき世界、ニューシネマパラダイス、リトル・ダンサー、バベットの晩餐会、暗くなるまで待って、オールド・ボーイ、グラン・トリノ、バーバー、キリクと魔女、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ、ペーパー・ムーン、アパートの鍵貸します、トイ・ストーリー、ブラス!、デリカテッセン、ベルヴィル・ランデブー、カイロの紫のバラ、ヘドヴィグ・アンド・アグリーインチ、死刑台のエレベーター、オーケストラ!、アンプロフェット、ゴッド・ファーザー、ユージュアルサスペクツ、ドリームガールズ、ブルース・ブラザース、バグダッド・カフェ、シザーハンズ、善き人のためのソナタ、レザホアドッグス、クール・ランニング、ぼくのエリ200歳の少女、ペテン師とサギ師~だまされてリビエラ~、アーティスト

てくてくなみすけ

杉並区のマスコット

アクセス解析

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カウンター

最新CM

アクセス解析

Copyright (C) ふじーの。 All right Resieved.
TEMPLATECusBlo MATERIALPearl Box 忍者ブログ [PR]