忍者ブログ

ふじーの。

漫画家 藤井みつるの公式ブログ

HOME映画(じじばば)の記事
[2015/01/31] 大賀村騒動記 (No.1074)
[2014/11/23] 100歳の華麗なる冒険 (No.1052)
[2013/07/18] アンコール!! (No.921)
[2013/02/28] マリゴールド・ホテルで会いましょう (No.884)
[2012/06/29] ミス・ギャングスター (No.821)

大賀村騒動記

監督:阪本順治
出演:原田芳雄、三国連太郎、岸辺一徳ほか
→MovieWalker「大賀村騒動記」


【あらすじ】
山深い長野県大賀村。そこでは昔から村人が演じる歌舞伎を公演していた。善はその花形なのだが、実生活では妻に逃げられわびしい暮らし。歌舞伎公演が間近に迫ってきたころに、18年前に失踪した妻が突然戻ってきた。妻は病気で記憶が定かではなく・・・
小さい村だからといって、何も問題も起きず、誰もが善良でのどかで。ってわけじゃあない。
田舎だろうがそこにはいろいろな事情もありそれぞれが抱えてきた思いがある。

都会の人からするとイメージ違う~ってなりそうだけれど、現実はこうだよなあーとリアルに感じたのでした。
重くなりがちなことでも包み込んでしまう懐の深さもあって、描かれてる村なのか演者さんたちなのか、ともかく円熟の一言。
しかし出演されてる方々がすでに鬼籍へ入られているのが寂しいね・・・

拍手

PR

100歳の華麗なる冒険

監督:フェリックス・ハーングレン
出演:ロバート・グスタフソン、イヴァル・ヴィクランデル、ダヴィド・ヴィバーグほか
公開中
公式サイト→「100歳の華麗なる冒険」

【あらすじ】アランは老人ホームから100歳の誕生日に脱走した。懐かしい爆音が聞こえたからなんとなく。そのままなんとなく彼の冒険が始まった。奇妙な仲間と大金とともに。

全編「そんなアホな」とツッコミをいれたくなるような、人を喰った内容の映画。
ひょんなことからギャングの大金を手にしてしまうけれども、特に焦ることもなく。他にも事件が起きるんだけど、みんな飄々としている。

それもそのはずというか。アランおじいちゃんはこれまでスペインの内乱や東西冷戦、スターリンの迫害、原爆開発の現場に常に居合わせてきたものすごい経歴の持ち主。
ときくと、うっすらアメリカの映画「フォレスト・ガンプ」も思い出すけど、あれはじんわりするいいお話だったがこちらはとってもブラック。
何しろアランは子供のころから爆弾作りが大好きな爆破マニアなのだ。

ちょっとやそっとじゃ動揺しない。
おじいちゃんのぶちかます100歳ギャグも味わい深い(笑)。
やっぱりじじばば映画好きだわー。

拍手

アンコール!!

anco.jpg監督:ポールアンドリュー・ウィリアムズ
出演:テレンス・スタンプ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ジェマ・アータートン、クリストファー・エクルストンほか
公開中→「アンコール!!」公式サイト

≪あらすじ≫ 頑固じいさんのアーサー。週一の友人との集まり以外では、愛妻マリオンにしかその笑顔を見せない。文句をつけながらもマリオンの通う合唱サークルに送迎をし、いまひとつぎくしゃくする一人息子ともマリオンが注意すれば仲良くしようと努力する。しかしマリオンの癌が再発したと告げられ・・・


久々にジジババ映画。主役のアーサーが、世界中にいそうな、悪い人じゃないんだけど不器用で無愛想な爺さん。この普遍性がめちゃくちゃ共感してしまって、映画始まってすぐからけっこう泣きっぱなしでした。泣かせる場面じゃなくても。
ある意味、夫婦の関係は女神と信者か、母と息子みたいな雰囲気ではある。
大きなエピソードでなくとも、しぐさや表情の随所に、本当に奥さんを愛してるんだなあと実感してしまって、胸いっぱいで号泣です。

この筋立てだと、日本なら最後にまあ、あの手の場面がくるかな?と想像しちゃうんだけども、意外と思ってた展開より早くて。
あまり言うとネタバレになるから言えないが。

自分の殻を破るってすごく勇気がいることで、それも年を取るほど難しくなりそうなもの。そこをアーサーが、大事な人たちのために一歩を踏み出すのにも号泣。まさに小さな一歩だけど彼には大きな一歩だ!
小ぶりながらあったかくなれる映画でした。

 

拍手

マリゴールド・ホテルで会いましょう

4b948f7c.png監督:ジョン・マッデン
出演:ジュディ・デンチ、ビル・ナイ、マギー・スミス、トム・ウィルキンソンほか
公式サイト→「マリゴールド・ホテルで会いましょう」

≪あらすじ≫一組の夫婦と、ゲイと、おひとり様と未亡人、そして恋愛求道者二人。老齢に至った7名がそれぞれの事情を抱えて、故国イギリスから新天地のインドのホテルへ移住する。かつての占領時代のような悠々自適な生活を夢見てきたら、ホテルはボロボロで食事も生活習慣もなじみ難い。ホテルのオーナーも自分の人生を捕まえようと躍起になっている。彼らは自分の先の道をどうするのか・・・


あらすじだけ書くとものすごく深刻そうですが、全体はコミカルなテイスト。
映画の最後に出てくる「不満があるうちは~」というモノローグも含蓄がありつつ人生を謳歌しようという意欲が感じられて、見終わった後に元気が出る映画でした。

人種も年も関係なく、誰の上にも時間は平等に過ぎていく。人生のどんなタイミングであっても、過去ばかりをみるか未来を見るかで、同じ一分の輝きがちがうねー!
当然ながら観客も年齢層がぐっと高めでした。
観終わったら高齢の方々も、明日どっか出かけてみようかな♪て気分になりそうです。
 

拍手

ミス・ギャングスター

miss.jpg監督:カン・ヒョンジン
出演:ナ・ムニ、キム・スミ、キム・ヘオクほか
映画公式サイト→「ミス・ギャングスター」

≪あらすじ≫ はた迷惑ながらも仲良しな3人組オバアチャン。彼女たちは(ほめられない手段ながら)お金をためて、夢のハワイ旅行へ行こうとしていた。ところがその旅行代金を振り込もうとしたところを銀行強盗に襲われて、旅行の夢が消えてしまう。また働くか?といってもすでに彼女たちに残されてる時間は少ない。ついに一か八かの賭けに出ることに。おばあちゃん3人で銀行強盗を企てるのだが・・・!?


ひさびさにジジババジャンル。その中でもなかなかのかっとび具合です。
先日見た韓国映画「サニー」の40年後、みたいな雰囲気。

まあ~とにかく口は悪い素行も悪い酒癖も悪いおばあちゃんたちで、もしかすると近くにいたらドン引くかもしれないんですけど、飾らないストレートさで3人の友情はとても篤い!
憎めないどころか、だんだん応援したくなってくるから困ったもんだ。

さらにはそれまでの歴史ももってるもんで、悪態も妙に説得力があったり、抱えてる哀しい過去もあったりで、「五十肩だからあたしゃ拳銃持てないわよ」なんて台詞で笑いつつも、ところどころホロリともしちゃう。
コメディはけっこう笑いのツボが合うかが難しくて、大笑いまではなかなかいかないんだけれど。
それでもウマすぎるカーチェイスにはツッコミ笑いしてしまうし私はけっこう好きです。

拍手

プロフィール

HN:
藤井みつる
HP:
性別:
非公開
職業:
漫画家
趣味:
映画鑑賞と寝ることと城
自己紹介:
好きな映画
……《邦画》 太陽を盗んだ男、鬼畜、穴、切腹、キッズ・リターン、しとやかな獣、蝉しぐれ、クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲、築城せよ!、MIND GAME、ジャズ大名
……《洋画》 新しき世界、ニューシネマパラダイス、リトル・ダンサー、バベットの晩餐会、暗くなるまで待って、オールド・ボーイ、グラン・トリノ、バーバー、キリクと魔女、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ、ペーパー・ムーン、アパートの鍵貸します、トイ・ストーリー、ブラス!、デリカテッセン、ベルヴィル・ランデブー、カイロの紫のバラ、ヘドヴィグ・アンド・アグリーインチ、死刑台のエレベーター、オーケストラ!、アンプロフェット、ゴッド・ファーザー、ユージュアルサスペクツ、ドリームガールズ、ブルース・ブラザース、バグダッド・カフェ、シザーハンズ、善き人のためのソナタ、レザホアドッグス、クール・ランニング、ぼくのエリ200歳の少女、ペテン師とサギ師~だまされてリビエラ~、アーティスト

てくてくなみすけ

杉並区のマスコット

アクセス解析

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カウンター

最新CM

アクセス解析

Copyright (C) ふじーの。 All right Resieved.
TEMPLATECusBlo MATERIALPearl Box 忍者ブログ [PR]