忍者ブログ

ふじーの。

漫画家 藤井みつるの公式ブログ

HOME映画(アクション)の記事
[2011/02/05] ダークナイト (No.560)
[2011/02/01] 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を (No.556)
[2011/01/04] トロン:レガシー (No.543)
[2010/09/29] 俺たちに明日はない (No.487)
[2010/09/29] アルマゲドン (No.484)

ダークナイト

darknight.jpg監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、ゲイリー・オールドマンほか
ダークナイト - goo 映画

《あらすじ》 ゴッサム・シティで今日も人知れず悪との戦いを繰り広げるバットマン。最初は悪の組織も金目的の動きだったが、徐々に組織の思惑から外れてジョーカーは大きなゲームを始める。バットマンをスケープゴートに据えて、ゴッサムシティの住民の良心を人質に絡め取っていく…


公開当時から評判が高かった今作。ジョーカー役のヒース・レジャーの遺作となってしまいました。いまさらですが鑑賞。

遺作にふさわしい(そんな言い方も妙だが)ヒース・レジャーのキレた悪役が光り輝いてこそのバットマンシリーズ最高傑作。悪役大好きな私の中でかなりの上位に食い込みました。最上位はジャック・ニコルソンかな。ジャック・ニコルソンは「バットマン・ビギンズ」ティム・バートン監督で悪役で出演しています。バットマンに関してはヒースの不気味さのほうが勝った。
続きを見てみたかった。ヒース・レジャーの急逝が惜しまれる。

ダークナイトは評判通り面白い。ちょっと時間は長いが、そんなことは全然気にならない。
基本ヒーローものは触手が動かない私でもバットマンは別。その中でもダークナイトは別格。
バットマンてなんか暗いんだよね。アメコミのライト~な感じと違って。地を這うように暗い。
そこがまたいいのです。

ティム・バートン監督のより作り込んだファンタジーも見易くていいのですが、ダークナイトは大人向けの深みがあり、映像もあえてCGを使わずに撮影したりと劇画テイストが強まっています。
コインも絡めて人間の心の正邪は表裏一体と見せつける。概念とか理屈で小難しくなりそうなテーマをエンターテイメントに仕立てた、製作陣の力量を感じる作品。オススメ。

拍手

PR

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を

tumetai.jpg監督:ジョニー・トー
出演:ジョニー・アリディ、シルヴィー・テステュー、アンソニー・ウォンほか
冷たい雨に撃て、約束の銃弾を - goo 映画

《あらすじ》 元殺し屋のフランス人、コステロ。彼の娘家族はマカオにいるが、何者かに殺された。復讐を誓って殺し屋たちを雇うコステロ.。彼には復讐を急がねばならない理由があった。古傷がもとで、彼は徐々に記憶を失っていくのだ…


男性がシビレル率高そうです。でも私も楽しく観ました。

渋いオヤジたちのハードボイルド・ガンアクション。香港ノワール。そういうと「男たちの挽歌」を思い出しますが、よりスタイリッシュ。舞台がマカオなせいか、はたまたフランスとの合作のせいなのか、エキゾチックでありながらどこかヨーロピアンテイストも画面に漂っています。

怨念や情念のような泥臭さは無く。観終わった後もどう表現していいかわからないフワフワ感。
う~ん、この監督さん要チェックですね。
ギリギリまでそぎ落としたセリフと音楽。そこに男同士の友情。くわえ煙草でニヤニヤしながらの銃撃戦のかっこいいこと!しびれますねオヤジに。世の禁煙ブームもなんのそのだ。

拍手

トロン:レガシー

toronregasi.jpg監督:ジョセフ・コシンスキー
出演:ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルドほか
公開中→「トロン:レガシー」公式サイト

《あらすじ》 伝説のゲーム製作者を父に持つサム。その父は消息不明になって早や20年。居所の手がかりをつかんだものの、サムが飛び込むことになった世界はインターネット内の仮想空間。そこでは生身の人間とプログラミングのキャラクターとが存在し、世界の創始者である父はプログラミングに追いやられていたのだ…


1982年に公開された『トロン』の続編。
「トロン:レガシー」を見る前に『トロン』を見るか原作を先に読んだほうが良さそうです。
どちらもやって無かった私は設定の把握ができず、仮想空間での約束事がよくわからなかった。

3Dのレーザー表現など綺麗でした。いかにもサイバー!!!なテイストを今みると、ちょいと懐かしい気がしてしまう。1982年当時は時代のかなり先取りだったと想像。最近ではアニメでもめくるめくカラフル&豊富なイメージ表現で仮想世界が描かれてますね。


仮想空間はあくまで人間の想像の範囲内でしかないのですが、なにしろ仮想空間て概念自体がコンピューターの普及してない70年代とかに発表されてたんだから、想像世界…無限かもしれない。
 

拍手

俺たちに明日はない

oretati.jpg監督:アーサー・ペン
出演:ウォーレン・ベイティ、フェイ・ダナウェイ、マイケル・J・ポラード、ジーン・ハックマンほか
俺たちに明日はない - goo 映画

《あらすじ》 運命的な出会いを果たしたボニーとクライド。彼らは強盗を繰り返し、気楽に過ごしていたが、ある時店主を殺してしまう。それでも犯行をやめない彼らに、さらに仲間が加わる。5人で強盗をしていくうちに彼らはアメリカ国内でも有名な強盗団になっていく…


有名なアメリカン・ニュー・シネマの映画。実際にあった事件、ボニー&クライドを基に作られている。なんとラストシーンは実際の状態とほぼ同じだという。鑑賞後、その実際の写真記事を見ましたが確かに同じ。製作側の執念さえも怖い。

あっけらかんと犯行を繰り返していく若者像がこの当時衝撃的だったんだろうと想像する。

この映画で気がついたんだが、菊池凛子さんはフェイ・ダナウェイに似てるね。


 

拍手

アルマゲドン

arumagedon.jpg監督:マイケル・ベイ
出演:ブルース・ウイルス、ビリー・ボブ・ソーントン、リブ・タイラーほか
アルマゲドン - goo 映画

《あらすじ》 地球に近付いてきた隕石が18日後に落ちる。つまりそれは地球上の生物の死滅を意味する。隕石の軌道を変えるため、石油採掘のプロたちに隕石に核爆弾を埋め込むことをNASAは依頼する。採掘チームは地球を救うため立ち上がる…


ダイハードな彼がまた立ちあがった。がんばるなあ…。
話の展開が読めてしまうのが残念。
素人を訓練してピンポイントで宇宙へ送るほうが、軌道計算してロケットで別のもんを送るより大変だと思うんだ。そんなことを言ったら成立しなくなってしまうが。

ところでボブ・ソーントンが出ていたんですね!ちょっとテンション上がりました。


拍手

プロフィール

HN:
藤井みつる
HP:
性別:
非公開
職業:
漫画家
趣味:
映画鑑賞と寝ることと城
自己紹介:
好きな映画
……《邦画》 太陽を盗んだ男、鬼畜、穴、切腹、キッズ・リターン、しとやかな獣、蝉しぐれ、クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲、築城せよ!、MIND GAME、ジャズ大名
……《洋画》 新しき世界、ニューシネマパラダイス、リトル・ダンサー、バベットの晩餐会、暗くなるまで待って、オールド・ボーイ、グラン・トリノ、バーバー、キリクと魔女、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ、ペーパー・ムーン、アパートの鍵貸します、トイ・ストーリー、ブラス!、デリカテッセン、ベルヴィル・ランデブー、カイロの紫のバラ、ヘドヴィグ・アンド・アグリーインチ、死刑台のエレベーター、オーケストラ!、アンプロフェット、ゴッド・ファーザー、ユージュアルサスペクツ、ドリームガールズ、ブルース・ブラザース、バグダッド・カフェ、シザーハンズ、善き人のためのソナタ、レザホアドッグス、クール・ランニング、ぼくのエリ200歳の少女、ペテン師とサギ師~だまされてリビエラ~、アーティスト

てくてくなみすけ

杉並区のマスコット

アクセス解析

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 15 16
17 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

最新CM

アクセス解析

Copyright (C) ふじーの。 All right Resieved.
TEMPLATECusBlo MATERIALPearl Box 忍者ブログ [PR]