忍者ブログ

ふじーの。

漫画家 藤井みつるの公式ブログ

HOME映画(その他)の記事
[2010/05/15] 悪名 (No.401)
[2010/03/30] Ray/レイ (No.358)
[2010/03/09] アカデミー決定 (No.325)
[2010/03/08] アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生 (No.324)
[2010/03/06] 日本アカデミー賞 (No.322)

悪名

akumyou.jpg監督:田中徳三
出演:勝新太郎、田宮二郎、中村玉緒、中田康子、水谷良重ほか
悪名(1961) - goo 映画

《あらすじ》 百姓の倅の朝吉は人妻と駆け落ちしたものの、すぐに飽きて大阪へ戻ってくる。大阪で遊女と知り合い仲良くなる。ヤクザの争いに巻き込まれたりしながら、逃亡した遊女の手助けをすることに。朝吉にほれ込んだやくざ者、貞と一緒にやくざの手をかいくぐっていくのだが…

その後何作も続編が作られた「悪名」シリーズの第一作。
腕っ節も強くて男も女も惚れる。そんな男を勝新太郎がテンポよく見せてくれる。キャラ推し。お話はそんなでも。
田宮二郎も勝も、その後の演技っプリを思うと、この作品ではくだけた愛嬌・茶目っ気が控えめ。若いからかな。

作中で中村玉緒とのラブシーンがあるが、のち二人が実際に夫婦になることを思うと、覗いてはいけいような気分になってしまった。

拍手

PR

Ray/レイ

rei.jpg監督:テイラー・ハックフォード
出演:ジェイミー・フォックス、ケリー・ワシントン、シャロン・ウォーレン、レジーナ・キングほか
Ray/レイ (2004) - goo 映画

《あらすじ》 ソウルの神様と言われたアーティスト、レイ・チャールズ・ロビンソン。彼の生涯を描く。

主演のジェイミー・フォックスはアカデミー主演男優賞を受賞。そのほか多数の受賞記録あり。これはとらなきゃおかしい!!
映像だけですがリアルタイムでレイ・チャールズを観た者として見ても、まさにレイが乗り移ったとしか思えない。この作品が公開された年にレイ本人が亡くなっていますが、本人もジェイミー・フォックスを絶賛しています。

本人が制作に多少なりとも関わっていながら、全く虚飾など感じない、赤裸々なまでの姿。
どちらかといえば褒められないことばかりが多い生涯だ。それを乗り越えた様子も説教くさくも無く。私が何本か観た伝記映画の中でぴか一。大概は観終わって「へえ~すごいんだねえ」程度だったりするけど、これは感動しました。

拍手

アカデミー決定

demi-.jpg本国でのアカデミー賞が決定しましたね。詳しくはこちら→eiga.com
キャメロンとその元妻キャスリンの対決が注目されてましたが、軍配はキャスリンに。

どちらもまだ観ていない。
ハート・ロッカーは試写会応募したが軒並み外れた。でもいいさ!金出して惜しくないと思うから¥1800出します。

みんなで式を盛り上げようって雰囲気が観てても楽しい。できればまたサンドラとメリルのキスを見てみたかったけどね!
サンドラ・ブロックはワースト映画賞のラズベリー賞でも主演女優を受賞。つまりそれだけ突出してる存在(^_-)ヴェルダース・オリジナル。
ラズベリー賞にも出席してウィットにとんだスピーチするんだから素敵。

会場が4階?5階?ものすごいデカイな。会場のスケールに圧倒されました。
映画製作費もけた外れ。アバターは約1800億円でしたっけ。それがもう回収できてるってどういうことじゃ。桁が大きすぎてまったくイメージできません。国家予算じゃないのか。その金額。
 

拍手

アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生

ani.jpg監督:バーバラ・リーボヴィッツ
出演:ジョン・レノン、オノ・ヨーコ、デミ・ムーア、ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリーほか
goo 映画

《あらすじ》 有名人やセレブの写真を撮ることが多い、有名な女性カメラマンのドキュメンタリー。本人をはじめ、数々のセレブが彼女と彼女の作品について語る。


誰でも一度は目にしたことがあるだろう有名な写真をたくさん撮ってる人。
ジョン・レノンとオノ・ヨーコがキスしてる写真や、デミ・ムーアの臨月ヌードなど。

明るくエネルギッシュな人物で、何かデカイことする人ってこういう感じなんだなあと思いながら観ました。
セレブ達には見せない、隠された彼女の顔はあまり出てこない。
監督は実の妹だ。

あんまりにも芸術な方向に行ってしまうと気難しいセレブとはつきあにくいし、かといって凡庸な代物では起用する意味が無い。バランスって大事だな~。

拍手

日本アカデミー賞

akademi.jpg日本アカデミー賞発表でした。

詳しくはこちら→映画.com


アメリカのアカデミーだと出席者のドレスへのファッションチェックが激しいけど日本アカデミーでもチェック入るのかな?
鈴木京香が意外と豊満な胸をしてらっしゃるので、いつもついつい目がいってしまう
おっぱいバレーじゃないけど女性同士でも気になるというのは、おっぱいは本能に根ざしてるもんがあるに違いない!まったく賞と関係ないな!

中谷美紀のまばたきの少なさは岩下志麻を思い出した。もしリメイクやるとしたら中谷さんいいですね。
すごく好きな「鬼畜」とか「疑惑」とか「この子の七つのお祝いに」とかやらないかしら。「鬼畜」ほんと怖い…。真夏のこもった熱い空気でねっとり首に貼りついてる後れ毛が思いだされる…志麻さん…。子供だった私は泣きそうだった。また賞の話じゃないな!


主演賞は予想通り。
助演ノミネートの三浦友和のコメントが楽しかった。やっぱり悪役(?)は演者さんも楽しいのね♪
「剣岳」は観てないのでこれから観たい。
ノミネートされてた「ディア・ドクター」も面白そうだし。
ペ・ドゥナがノミネートされてるのを見て「空気人形」も見逃してるの思いだした。


それにしても山崎豊子原作は強いですね。ドラマでも映画でも。骨太で面白いもんなあ。
最近私はドラマ「不毛地帯」の鮫島役=エンケンこと遠藤憲一に夢中ですあと龍馬伝の香川照之

拍手

プロフィール

HN:
藤井みつる
HP:
性別:
非公開
職業:
漫画家
趣味:
映画鑑賞と寝ることと城
自己紹介:
好きな映画
……《邦画》 太陽を盗んだ男、鬼畜、穴、切腹、キッズ・リターン、しとやかな獣、蝉しぐれ、クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲、築城せよ!、MIND GAME、ジャズ大名
……《洋画》 新しき世界、ニューシネマパラダイス、リトル・ダンサー、バベットの晩餐会、暗くなるまで待って、オールド・ボーイ、グラン・トリノ、バーバー、キリクと魔女、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ、ペーパー・ムーン、アパートの鍵貸します、トイ・ストーリー、ブラス!、デリカテッセン、ベルヴィル・ランデブー、カイロの紫のバラ、ヘドヴィグ・アンド・アグリーインチ、死刑台のエレベーター、オーケストラ!、アンプロフェット、ゴッド・ファーザー、ユージュアルサスペクツ、ドリームガールズ、ブルース・ブラザース、バグダッド・カフェ、シザーハンズ、善き人のためのソナタ、レザホアドッグス、クール・ランニング、ぼくのエリ200歳の少女、ペテン師とサギ師~だまされてリビエラ~、アーティスト

てくてくなみすけ

杉並区のマスコット

アクセス解析

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 15 16
17 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

最新CM

アクセス解析

Copyright (C) ふじーの。 All right Resieved.
TEMPLATECusBlo MATERIALPearl Box 忍者ブログ [PR]