忍者ブログ

ふじーの。

漫画家 藤井みつるの公式ブログ

HOME映画(その他)Ray/レイ

Ray/レイ

rei.jpg監督:テイラー・ハックフォード
出演:ジェイミー・フォックス、ケリー・ワシントン、シャロン・ウォーレン、レジーナ・キングほか
Ray/レイ (2004) - goo 映画

《あらすじ》 ソウルの神様と言われたアーティスト、レイ・チャールズ・ロビンソン。彼の生涯を描く。

主演のジェイミー・フォックスはアカデミー主演男優賞を受賞。そのほか多数の受賞記録あり。これはとらなきゃおかしい!!
映像だけですがリアルタイムでレイ・チャールズを観た者として見ても、まさにレイが乗り移ったとしか思えない。この作品が公開された年にレイ本人が亡くなっていますが、本人もジェイミー・フォックスを絶賛しています。

本人が制作に多少なりとも関わっていながら、全く虚飾など感じない、赤裸々なまでの姿。
どちらかといえば褒められないことばかりが多い生涯だ。それを乗り越えた様子も説教くさくも無く。私が何本か観た伝記映画の中でぴか一。大概は観終わって「へえ~すごいんだねえ」程度だったりするけど、これは感動しました。


次々知ってる曲が出てくるのも驚くが、それが生まれたエピソードもたまげる。クラブで即興で歌うシーンなど鳥肌モノ。

さらに彼はさらっとジャンルの壁も飛び越える。ジャンルとか気にしてなさげ。いろんなアーティストいますが「なんか昔のほうがよかったね…。どうしちゃったのかね…」なんて言われて、それまでのファンが離れていくのもざらだと思う。それが新しい一面を出しても受け入れられるのだから、どれだけ天才なんだ。あまり時代に先走っても売れないんだから、ちょっと先んじてるその加減が絶妙ともいえるんだろう。

差別反対の旗手として扱われ始めるのもさらっとしたもの。彼の生き方に憧れちゃあダメだろうけど、まあなんだ、かっこいいよ。
ただ、女やクスリやたばこにまみれていますので、人によっては観ていて許せない生涯かもしれません。

時間が2時間半を超える長い映画ですが一見の価値あり。レイの母親の厳しくも優しい美しい姿に涙します。

拍手

PR

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

プロフィール

HN:
藤井みつる
HP:
性別:
非公開
職業:
漫画家
趣味:
映画鑑賞と寝ることと城
自己紹介:
好きな映画
……《邦画》 太陽を盗んだ男、鬼畜、穴、切腹、キッズ・リターン、しとやかな獣、蝉しぐれ、クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲、築城せよ!、MIND GAME、ジャズ大名
……《洋画》 新しき世界、ニューシネマパラダイス、リトル・ダンサー、バベットの晩餐会、暗くなるまで待って、オールド・ボーイ、グラン・トリノ、バーバー、キリクと魔女、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ、ペーパー・ムーン、アパートの鍵貸します、トイ・ストーリー、ブラス!、デリカテッセン、ベルヴィル・ランデブー、カイロの紫のバラ、ヘドヴィグ・アンド・アグリーインチ、死刑台のエレベーター、オーケストラ!、アンプロフェット、ゴッド・ファーザー、ユージュアルサスペクツ、ドリームガールズ、ブルース・ブラザース、バグダッド・カフェ、シザーハンズ、善き人のためのソナタ、レザホアドッグス、クール・ランニング、ぼくのエリ200歳の少女、ペテン師とサギ師~だまされてリビエラ~、アーティスト

てくてくなみすけ

杉並区のマスコット

アクセス解析

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カウンター

最新CM

アクセス解析

Copyright (C) ふじーの。 All right Resieved.
TEMPLATECusBlo MATERIALPearl Box 忍者ブログ [PR]