忍者ブログ

ふじーの。

漫画家 藤井みつるの公式ブログ

HOME映画(文芸)越前竹人形

越前竹人形

越前竹人形

take.jpg監督:吉村公三郎
出演:若尾文子、中村玉緒、山下洵一郎ほか
1963年作品
越前竹人形(1963) - goo 映画

竹細工で生計をたてている喜助。亡くなった父の馴染みの遊女が訪ねてきてから、喜助は彼女が気になって仕方無い。幾度かその遊郭へ訪ねて行くと、彼女は近々見受けされるのではないかという噂。喜助は必死に金を工面する。彼女も喜助の真心にうたれて喜助のところへやってくるのだが…

初めて喜助の所に訪ねてきた若尾文子が、そのまま隣室で機でも織り始めて恩返ししていくんじゃないか。
そう思ってしまうような、妖精のようなきれいさ。
顔のフォルムがきれいな卵型で、品良くまとまってる中に小悪魔のような色気があって、なんともいえん魅力がある。日本人にぐっとくる。

田舎で竹をいじって真面目に暮らしてた喜助は、そりゃあくらっときちゃうよね。

しかし真面目すぎて朴念仁なだけに、人形でなく、人間である若尾=玉枝は疑問を感じてしまうのは当たり前。

おとぎ話のめでたしめでたし、の後を観るようで少しわびしい。

拍手

PR

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

プロフィール

HN:
藤井みつる
HP:
性別:
非公開
職業:
漫画家
趣味:
映画鑑賞と寝ることと城
自己紹介:
好きな映画
……《邦画》 太陽を盗んだ男、鬼畜、穴、切腹、キッズ・リターン、しとやかな獣、蝉しぐれ、クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲、築城せよ!、MIND GAME、ジャズ大名
……《洋画》 新しき世界、ニューシネマパラダイス、リトル・ダンサー、バベットの晩餐会、暗くなるまで待って、オールド・ボーイ、グラン・トリノ、バーバー、キリクと魔女、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ、ペーパー・ムーン、アパートの鍵貸します、トイ・ストーリー、ブラス!、デリカテッセン、ベルヴィル・ランデブー、カイロの紫のバラ、ヘドヴィグ・アンド・アグリーインチ、死刑台のエレベーター、オーケストラ!、アンプロフェット、ゴッド・ファーザー、ユージュアルサスペクツ、ドリームガールズ、ブルース・ブラザース、バグダッド・カフェ、シザーハンズ、善き人のためのソナタ、レザホアドッグス、クール・ランニング、ぼくのエリ200歳の少女、ペテン師とサギ師~だまされてリビエラ~、アーティスト

てくてくなみすけ

杉並区のマスコット

アクセス解析

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 23 24
26 27 28 29 30

カウンター

最新CM

アクセス解析

Copyright (C) ふじーの。 All right Resieved.
TEMPLATECusBlo MATERIALPearl Box 忍者ブログ [PR]