忍者ブログ

ふじーの。

漫画家 藤井みつるの公式ブログ

HOME映画(その他)千姫御殿

千姫御殿

千姫御殿

監督:三隅研次
出演:山本富士子、本功次郎ほか
1960年作品

徳川家康の孫娘、千姫は吉田御殿で享楽の限りを尽くして暮らしていた。御殿の外の池に、続いて若い男の死体が上がったことから不穏な噂が流れる。千姫は家康からの縁談説得も撥ねつけ、公儀は困り果てて隠密を千姫のところへ遣わすのだが…
千姫御殿(1960)(1960) - goo 映画


あいやもう、山本富士子!とにかく山本富士子!
山本富士子主演の映画を全部そう言ってしまいそう。

千姫を扱った映画は数本はありまして、どれもはっきり言ってあらすじは大きく違わない。演出と、どの辺をいじるかによる。
この三隅版は千姫があどけない、けれども自分の意志をもつ女性として描かれています。それでもお嬢育ちゆえの甘さから、まさかの悪役の企てにまんまと乗せられてしまうのです。

悪役の山田五十鈴がたまらない。イイ!!!!めっちゃイイ!
絶対化けて出そうだもの。ぞくぞくしちゃいますよ素敵すぎて。
面白かった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「教授と僕」のシリーズの参考資料として千姫関係の映画もあさっていたのですが、調べてすぐに出てくるのは、美空ひばり、京マチコ、山本富士子、が主演した三本。
そのうち美空版は入手でき、京マチコ版はスカパーでちょうど放映がありまして。のこる山本版はレンタルにも買うにも扱ってるところが見つからず、観られないのかと半ばあきらめていました。
そうしたらスカパーで放映始めてくれたではないですか!

不思議と何か調べてるときにはうまいこと偶然見ることができたりとかするものです。
単に自分のアンテナが立ってるからとも言えますが、でも今回だって、数多ある日本映画の中から、このタイミングで、この映画を放映してくれるってのは奇跡といっていいんじゃあ?
他の漫画家さんもこういったことはあるようで。
何か電波があるのかもしれませんなあ。

拍手

PR

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

プロフィール

HN:
藤井みつる
HP:
性別:
非公開
職業:
漫画家
趣味:
映画鑑賞と寝ることと城
自己紹介:
好きな映画
……《邦画》 太陽を盗んだ男、鬼畜、穴、切腹、キッズ・リターン、しとやかな獣、蝉しぐれ、クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲、築城せよ!、MIND GAME、ジャズ大名
……《洋画》 新しき世界、ニューシネマパラダイス、リトル・ダンサー、バベットの晩餐会、暗くなるまで待って、オールド・ボーイ、グラン・トリノ、バーバー、キリクと魔女、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ、ペーパー・ムーン、アパートの鍵貸します、トイ・ストーリー、ブラス!、デリカテッセン、ベルヴィル・ランデブー、カイロの紫のバラ、ヘドヴィグ・アンド・アグリーインチ、死刑台のエレベーター、オーケストラ!、アンプロフェット、ゴッド・ファーザー、ユージュアルサスペクツ、ドリームガールズ、ブルース・ブラザース、バグダッド・カフェ、シザーハンズ、善き人のためのソナタ、レザホアドッグス、クール・ランニング、ぼくのエリ200歳の少女、ペテン師とサギ師~だまされてリビエラ~、アーティスト

てくてくなみすけ

杉並区のマスコット

アクセス解析

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カウンター

最新CM

アクセス解析

Copyright (C) ふじーの。 All right Resieved.
TEMPLATECusBlo MATERIALPearl Box 忍者ブログ [PR]