忍者ブログ

ふじーの。

漫画家 藤井みつるの公式ブログ

HOME映画(文芸)ピアニスト

ピアニスト

pianisuto.jpg監督:ミヒャエル・ハネケ
出演:イザベル・ユペール、ブノワ・マジメル、アニー・ジラルド、アンナ・ジーガレヴィッチほか

あらすじ: ピアノ講師のエリカ。母とくらす中年女性である。ある演奏会で知り合った若者が、エリカに想いを寄せて付きまとい始める。最初は拒んでいたエリカだが、徐々に心を開いていく。しかし最初あんなにも拒んでいたのは深い理由があった…
2001年カンヌ映画祭グランプリ作品。
ピアニスト(2001) - goo 映画


一言でいうと変態かつ純愛ラブストーリー。
最初エリカがどういう人物なのかいまいち掴めず、単に変わりもので偏屈でキモイと思って観ていた。厳格な母親と異常なまでに緊密で、たまに母から逃れるように夜さまよう。カーセックスをしてる若者たちを覗き見する。すでにこの辺で付いていけなくなる人が出てきても不思議はない。私もこの辺まではだいぶ引きながら鑑賞。

これが一途に追ってくるワルターと通じたかな?てあたりから目が離せない展開になっていく。
エリカが本当の自分を彼にさらけ出し始めるのだ。しかしワルターはなかなか受け入れることができない。

エリカもワルターも、愛してる人のために自分がどうにか変わればいいのだ、相手に合わせればいいんだ、と努力はするものの、最後にはエリカの選んだ道はどこへも向かっていかないものだった。

エリカ、最初は観てて気持ち悪い女でどこが魅力があるのかさっぱりわからんのですが(ラストまで一般的な感覚からはやはり引く女性だ)、最後には母にも彼にも誰にも受け入れてもらえない可哀そうな人にしか見えない。
でゅわ~~~~、この観終わった後のなんとも言えない感じをどうすりゃいいのだ。”漠然とした不安”はまだ希望がある。この映画は音のない真っ暗な宇宙に独り置いてかれたような茫洋たる孤独。

ありのままを受け入れるって…口で言うのは簡単だが。いやあ、無理かもしれん。

gekkou.jpg
ところで観ていてかぶるなあと思いだす漫画がありました。
喜国雅彦著「月光の囁き」。こちらはこの映画とは男女が逆パターン。もう十年以上前の作品。衝撃的だった。
性癖にばかり目がいきそうだが、人間はどこまで好きな人を愛せるんだろうかという深い作品でした。
引っ越しするにあたり手放したが、男の後輩にあげたんだった。単にそのときいたから渡しただけだが、今になって思い返すと何かいろんな誤解を生んでるような気がする。
まあいいか。

拍手

PR

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

プロフィール

HN:
藤井みつる
HP:
性別:
非公開
職業:
漫画家
趣味:
映画鑑賞と寝ることと城
自己紹介:
好きな映画
……《邦画》 太陽を盗んだ男、鬼畜、穴、切腹、キッズ・リターン、しとやかな獣、蝉しぐれ、クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲、築城せよ!、MIND GAME、ジャズ大名
……《洋画》 新しき世界、ニューシネマパラダイス、リトル・ダンサー、バベットの晩餐会、暗くなるまで待って、オールド・ボーイ、グラン・トリノ、バーバー、キリクと魔女、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ、ペーパー・ムーン、アパートの鍵貸します、トイ・ストーリー、ブラス!、デリカテッセン、ベルヴィル・ランデブー、カイロの紫のバラ、ヘドヴィグ・アンド・アグリーインチ、死刑台のエレベーター、オーケストラ!、アンプロフェット、ゴッド・ファーザー、ユージュアルサスペクツ、ドリームガールズ、ブルース・ブラザース、バグダッド・カフェ、シザーハンズ、善き人のためのソナタ、レザホアドッグス、クール・ランニング、ぼくのエリ200歳の少女、ペテン師とサギ師~だまされてリビエラ~、アーティスト

てくてくなみすけ

杉並区のマスコット

アクセス解析

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カウンター

最新CM

アクセス解析

Copyright (C) ふじーの。 All right Resieved.
TEMPLATECusBlo MATERIALPearl Box 忍者ブログ [PR]