忍者ブログ

ふじーの。

漫画家 藤井みつるの公式ブログ

HOME映画(文芸)パピヨン

パピヨン

papiyon.jpg監督:フランクリン・J・シャフナー
出演:スティーブ・マックィーン、ダスティン・ホフマンほか
パピヨン(1973) - goo 映画

《あらすじ》世界大戦前のこと。 胸に蝶の入れ墨をしていることからパピヨンと呼ばれている男が、無実の罪を着せられて、南米ギアナの獄へ送られる。そこへ行けば一年もしないうちに死んでしまうだろうと言われる劣悪な環境の中、パピヨンは何度か脱獄を試みるのだが…


事実に基づいた物語。
獄内で仲良くなった男=偽札造りのドガは、何かにつけてお金を出しては便宜を図ってくれるのだが、そのことが看守にばれてパピヨンは独房でもより重罰を与えられる。金を出してるものの名前を吐けと迫られても、パピヨンは決してドガの名前をもらさない。男の厚い友情にこちらも涙が滲んでくる。



ともに脱獄をはかる二人だったが、長い月日が流れ、何度か捕まってしまった彼らは脱出不可能といわれる島に軟禁される。そこから二人の道は大きく分かれる。
単に映画の中での二人の決断だけれども、そのままいろんな人間の人生の選択に通じている。
冒険を恐れて安住を求めるのも無謀といえる挑戦に出るのもどちらもいいも悪いも無い。
自分の人生も振り返っていろいろ考えさせられる作品でした。

無謀かもしれないけど、何か掴みたければ踏み出すしかないんだよなあ。たとえば若いうちなら後先考えずにもできる。パピヨンみたいに白髪も生えそろって行動に出ることはできるんだろうか。

スティーブ・マックイーンが人相変わるくらい、鬼気迫る演技。やつれても死にそうになってもぎらついた目。死んだ魚のようにはならんのだ!まあ、草食男子ではない気がします。

拍手

PR

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

プロフィール

HN:
藤井みつる
HP:
性別:
非公開
職業:
漫画家
趣味:
映画鑑賞と寝ることと城
自己紹介:
好きな映画
……《邦画》 太陽を盗んだ男、鬼畜、穴、切腹、キッズ・リターン、しとやかな獣、蝉しぐれ、クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲、築城せよ!、MIND GAME、ジャズ大名
……《洋画》 新しき世界、ニューシネマパラダイス、リトル・ダンサー、バベットの晩餐会、暗くなるまで待って、オールド・ボーイ、グラン・トリノ、バーバー、キリクと魔女、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ、ペーパー・ムーン、アパートの鍵貸します、トイ・ストーリー、ブラス!、デリカテッセン、ベルヴィル・ランデブー、カイロの紫のバラ、ヘドヴィグ・アンド・アグリーインチ、死刑台のエレベーター、オーケストラ!、アンプロフェット、ゴッド・ファーザー、ユージュアルサスペクツ、ドリームガールズ、ブルース・ブラザース、バグダッド・カフェ、シザーハンズ、善き人のためのソナタ、レザホアドッグス、クール・ランニング、ぼくのエリ200歳の少女、ペテン師とサギ師~だまされてリビエラ~、アーティスト

てくてくなみすけ

杉並区のマスコット

アクセス解析

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カウンター

最新CM

アクセス解析

Copyright (C) ふじーの。 All right Resieved.
TEMPLATECusBlo MATERIALPearl Box 忍者ブログ [PR]