忍者ブログ

ふじーの。

漫画家 藤井みつるの公式ブログ

HOME映画(ラブストーリー)カサブランカ

カサブランカ

kasaburannla.jpg監督:マイケル・カーティス
出演:ハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマン、ポール・ヘンリードほか
カサブランカ - goo 映画

《あらすじ》 第二次大戦下のフランス領モロッコの都、カサブランカ。本国パリはナチスドイツに占領され、カサブランカは欧州人がアメリカに亡命する玄関口としてにぎわっている。連日アメリカ行きのビザを手に入れようと人々が列をなす。その中でカジノ兼カフェを営むリック。リックの店にナチス圏で指名手配されてる活動家夫妻がやってくるが、妻はリックの忘れられない女性だった…


基本メロドラマだが、フランス人、アメリカ人、ドイツ人がある程度固定イメージで描かれている。宝塚のパンフレットにもあるように、この映画はアメリカが第二次大戦参戦直前に作られたプロパガンダだった。ずいぶん昔に観たときには気がつかなかったけれども、そう言われて改めてみると、撮影は何店かの店内のセットで済ましているし、二大スターの出演料以外は案外低予算だったのかもしれない。撮影日数も限られていたのかも。

そこは置いといてもあまりにも有名な作品。
二大スターも正直今見ると、ボギーは声が以外と高いオジサンだし、イングリッドも美人だが少しあか抜けない。どうしてこの映画、そんなに人気があったのだろう。

 


そこはやはり脚本のチカラだろうな。

「そんな昔のことは覚えてない」
「そんな先のことはわからない」
「君の瞳に乾杯」

そうそう名セリフがあげられる作品て少ないんじゃないか。

めんどくさい政治背景もうまいことくるんでメロドラマに仕立ててあるのも人気の理由かもしれない。

宝塚の公演で見たから久々に映画借りました。宝塚の公演はかなり忠実に作ってあることを知る。むしろヅカのほうがわかりやすくテンポいい気がする。こちらの脚本、構成、演出もスゴ腕であります!


 

拍手

PR

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

プロフィール

HN:
藤井みつる
HP:
性別:
非公開
職業:
漫画家
趣味:
映画鑑賞と寝ることと城
自己紹介:
好きな映画
……《邦画》 太陽を盗んだ男、鬼畜、穴、切腹、キッズ・リターン、しとやかな獣、蝉しぐれ、クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲、築城せよ!、MIND GAME、ジャズ大名
……《洋画》 新しき世界、ニューシネマパラダイス、リトル・ダンサー、バベットの晩餐会、暗くなるまで待って、オールド・ボーイ、グラン・トリノ、バーバー、キリクと魔女、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ、ペーパー・ムーン、アパートの鍵貸します、トイ・ストーリー、ブラス!、デリカテッセン、ベルヴィル・ランデブー、カイロの紫のバラ、ヘドヴィグ・アンド・アグリーインチ、死刑台のエレベーター、オーケストラ!、アンプロフェット、ゴッド・ファーザー、ユージュアルサスペクツ、ドリームガールズ、ブルース・ブラザース、バグダッド・カフェ、シザーハンズ、善き人のためのソナタ、レザホアドッグス、クール・ランニング、ぼくのエリ200歳の少女、ペテン師とサギ師~だまされてリビエラ~、アーティスト

てくてくなみすけ

杉並区のマスコット

アクセス解析

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

最新CM

アクセス解析

Copyright (C) ふじーの。 All right Resieved.
TEMPLATECusBlo MATERIALPearl Box 忍者ブログ [PR]