忍者ブログ

ふじーの。

漫画家 藤井みつるの公式ブログ

HOME八重 会津 新島 同志社 幕末歴史で考えた

歴史で考えた

ちょいと閑話休題。

あれやこれやと勉強して。あくまで漫画は会津出身者の目線からの話なので新政府軍を悪者としていますが、これが逆の立場なら会津が悪者だ的なセリフになりますね。
現代から過去の歴史について何が正しいか否かは判断できませんなあ。
勝てば官軍とはなるほどな~とは思います。

戦争なので会津側も新政府側も、文でも目を背けたくなるようなことがそれなりにあったようで。
でも毎日いつ襲われて死ぬかわからない極限状態に置かれてるので、冷静な判断力は失われてると思ったほうがいいのでしょう。事件を起こした人たちだって、地元に帰ったらいいお父さんなのかもしれません。
大半は農民だったのではないでしょうか。

それに比べて武士階級は常に「いつ殺されても、あるいは殺してもおかしくない生活」への心構えを子供の時から叩き込まれてるから戦で冷静にいられる。はず。そう思うと、新渡戸稲造の書の「武士道は死ぬことと見つけたり」はまさにその通りなのですねー。

人間はいつかは必ず死ぬ。江戸時代は現代よりずっと寿命も短かった。400年の平和な江戸時代で自身の指針も腐りそうな、そんな中で、死ぬ場を選べた武士は自身納得できる最期だったのかもなあ。ある意味幸せなのかもなあ。いやまあ、もちろんできれば死にたくはないでしょうけども。

まあそんな読書感想文的なことを考えたのでした。

拍手

PR

プロフィール

HN:
藤井みつる
HP:
性別:
非公開
職業:
漫画家
趣味:
映画鑑賞と寝ることと城
自己紹介:
好きな映画
……《邦画》 太陽を盗んだ男、鬼畜、穴、切腹、キッズ・リターン、しとやかな獣、蝉しぐれ、クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲、築城せよ!、MIND GAME、ジャズ大名
……《洋画》 新しき世界、ニューシネマパラダイス、リトル・ダンサー、バベットの晩餐会、暗くなるまで待って、オールド・ボーイ、グラン・トリノ、バーバー、キリクと魔女、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ、ペーパー・ムーン、アパートの鍵貸します、トイ・ストーリー、ブラス!、デリカテッセン、ベルヴィル・ランデブー、カイロの紫のバラ、ヘドヴィグ・アンド・アグリーインチ、死刑台のエレベーター、オーケストラ!、アンプロフェット、ゴッド・ファーザー、ユージュアルサスペクツ、ドリームガールズ、ブルース・ブラザース、バグダッド・カフェ、シザーハンズ、善き人のためのソナタ、レザホアドッグス、クール・ランニング、ぼくのエリ200歳の少女、ペテン師とサギ師~だまされてリビエラ~、アーティスト

てくてくなみすけ

杉並区のマスコット

アクセス解析

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カウンター

最新CM

アクセス解析

Copyright (C) ふじーの。 All right Resieved.
TEMPLATECusBlo MATERIALPearl Box 忍者ブログ [PR]