忍者ブログ

ふじーの。

漫画家 藤井みつるの公式ブログ

HOME映画(社会)戦場でワルツを

戦場でワルツを

warutu.jpg公開中 戦場でワルツを 公式サイト

監督:アリ・フォルマン

《あらすじ》  イスラエル。二十数年ぶりに会った友人に、レバノン侵攻時の話をされた主人公=アリは、自身も19歳で参戦していたはずなのにまったく記憶が無いことに気づく。フラッシュバックのように記憶が湧き上がってくる瞬間もあるが、自分が何をしていたのか、何があったのかははっきりしない。映画監督でもある彼は自分の記憶を探す旅に出る。たどり着いた真実は…。R-12。


2008年のアカデミー賞で、日本の「おくりびと」と最後まで外国語映画賞を競った作品。
ドキュメンタリーでありながらアニメーションの手法をとり、描かれてることは恐ろしく重いのに、作風はあくまでポップで自嘲的。異色作。強烈な印象を残すが、だからこそアカデミー外国語賞逃がしたのかもとも思ってしまう。


「地獄の黙示録」と並び賞されてもいるようですが、作品の方向性は真逆。どう考えても従軍兵士にこの映画見せて高揚はしないだろう。
あくまで映像と曲の多いもかけないマッチングの妙だけにおいて、彷彿とする。

イスラエルの映画です。まず社会、歴史的背景をあまり把握してないもので、芯から理解できたとはいいがたい。パンフレット読んで、いくらか説明を頭にいれても、問題になってる1980年代とはまた状況が変わって、とにかくしっちゃかめっちゃかで複雑。鑑賞前に予習をオススメ。

ひとことで言うなら、湾岸の地域は何百年も聖地エルサレムをめぐって、いろんな人種や宗教が権利を主張して戦争がひっきりなしに続いているところだということ。

そんな中で起きたあまりにも残虐な事件。情勢によって人間の命はとても軽い。
できれば知らずに、何もみないでいたい気さえするのだが、いい大人であるなら知っていなきゃですね。そして何かしら自分に機会があるならば、平和への何かをするべきだよね…。
明日がくることを疑わずに暮らせる幸福を忘れちゃなんねえ。

拍手

PR

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

プロフィール

HN:
藤井みつる
HP:
性別:
非公開
職業:
漫画家
趣味:
映画鑑賞と寝ることと城
自己紹介:
好きな映画
……《邦画》 太陽を盗んだ男、鬼畜、穴、切腹、キッズ・リターン、しとやかな獣、蝉しぐれ、クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲、築城せよ!、MIND GAME、ジャズ大名
……《洋画》 新しき世界、ニューシネマパラダイス、リトル・ダンサー、バベットの晩餐会、暗くなるまで待って、オールド・ボーイ、グラン・トリノ、バーバー、キリクと魔女、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ、ペーパー・ムーン、アパートの鍵貸します、トイ・ストーリー、ブラス!、デリカテッセン、ベルヴィル・ランデブー、カイロの紫のバラ、ヘドヴィグ・アンド・アグリーインチ、死刑台のエレベーター、オーケストラ!、アンプロフェット、ゴッド・ファーザー、ユージュアルサスペクツ、ドリームガールズ、ブルース・ブラザース、バグダッド・カフェ、シザーハンズ、善き人のためのソナタ、レザホアドッグス、クール・ランニング、ぼくのエリ200歳の少女、ペテン師とサギ師~だまされてリビエラ~、アーティスト

てくてくなみすけ

杉並区のマスコット

アクセス解析

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 23 24
26 27 28 29 30

カウンター

最新CM

アクセス解析

Copyright (C) ふじーの。 All right Resieved.
TEMPLATECusBlo MATERIALPearl Box 忍者ブログ [PR]