忍者ブログ

ふじーの。

漫画家 藤井みつるの公式ブログ

HOME映画(ヒューマン)未来を生きる君たちへ

未来を生きる君たちへ


監督:スサンネ・ビア
出演:ミカエル・パーシュブラント、トリーネ・ディアホルム、ヴィリアム・ユンク・ニールセン、マークス・リーゴードほか
8月13日から全国順次公開
公式サイト→『未来を生きる君たちへ』


《あらすじ》 アフリカのキャンプで治療にあたっている医師=アントン。キャンプは殺人鬼ビッグ・マンの影に脅かされていた。一方アントンの家族はデンマークに住んでいる。彼の息子=エリアスは学校でイジメにあい辛い日々を過ごしてきたが、ある日転校生クリスチャンが現れ、イジメからエリアスを救い出す。しかしその方法は残虐。それぞれが、脅かすものに対して報復するのか赦すのかの選択をせまられて…


アカデミー最優秀外国語映画賞、ゴールデングローブ最優秀外国語映画賞受賞作品。
罪というものを、赦すべきか仕返しするべきか。
かなーり重いテーマを扱っていて、アフリカの場面はなかなか体験することはないでしょうけども、デンマークでのエピソードは身近で、いったいそこにいるのがもし自分だったら?と置き換えて考えながら見ると暗澹としてしまう。答えがでないのですよ…。
何が正しいかなんて誰が決めるんだっていうことで。

いざ直面したら感情的にはとても許せるもんではない。かといって自分の手を汚して報復?できるのか?ていうとこもあり。
正論では、そりゃあ報復を繰り返すだけでどうなるのか、というのは頭ではわかるけど。そう簡単に割り切れるもんでもないでしょうよ~にんげんだもの。
医師として正しくあろうとしたアントンにもその迷いは当然ありまして。
迷いの結果がものすごく後味が悪かったからこそのラストの展開があるのかもしれません。

アントンだけでなく妻にも息子や友達にも、どう行動するかを迫られる局面があります。
自分が万能でも聖人でもないと知るところから赦しは生まれるのかもしれませんね。
ゲゲゲの女房でも「自分が正しいと信じてる人はタチが悪い」てセリフで言ってたよ~。

拍手

PR

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

映画:未来を生きる君たちへ In a Better World 現状、今年のベスト・ワン候補。

目前、理不尽かつ強力な「暴力」と対峙を余儀なくされた時、どう立ち回るか。 (それも大人も子供も関係なく) あるいは、ねじれた熟年夫婦の今後の関係。 離婚?それとも?! または母親を失った父と子供。 この微妙な関係を回復するどころか、さらに。。。 ざっと挙...
2011.08.12 / URL

未来を生きる君たちへ

第83回アカデミー賞外国語映画賞作品。2組の家族、特に父と息子の関係を軸に世の中に満ちている憎しみや暴力をどのように受け止めるのかを描き出した感動作だ。出演はミカエル・パーシュブラント、ウルリク・トムセンといったスウェーデンやデンマークを代表する俳優たち。監督は『アフター・ウェディング』のスサンネ・ビアが務める。
2011.08.14 / URL

未来を生きる君たちへ

未来を生きる君たちへ ★★★★★(★満点!) 殴られた。だから殴った。 戦争はそうやって始まるんだ。 2010年アカデミー賞&ゴールデン・グローブ賞 最優秀外国語映画賞受賞のデンマーク作品。 原題の意味は「復讐」。 2組の父子を軸に、10歳の息子を取り巻く学校でのいじめ、差別、暴力、母親の死・・・ 医者である父親はアフリカの難民キャンプで働いているが、ある日”ビックマン”と呼ばれる妊婦の腹を裂き、赤ん坊の性別を賭けるモンスターが怪我を負い運び込まれてくる。医師として助けるべきは理性、殺すべきは感...
2011.08.14 / URL

未来を生きる君たちへ / HÆVEN / IN A BETTER WORLD

ランキングクリックしてね ←please click 「ある愛の風景」や「アフター・ウェディング」のスサンネ・ビア監督最新作で、 今年のアカデミー外国語映画賞と、ゴールデングローブ賞をW受賞で話題のデンマーク映画 脚本は、これまでの他の作品も手がけてい...
2011.08.16 / URL

『未来を生きる君たちへ』 デンマークが生んだあの人のことを考えよう

 世の中には、大小様々な暴力が溢れている。  私は前回の記事(『スーパー!』 私たちが好きなものの正体)で、人間は暴力を振るう生き物なのだと書いた。  では私たちは、暴力を振るい振るわれ生きていく...
2011.08.20 / URL

未来を生きる君たちへ

赦せない思いと、赦せない苦しみ。その葛藤は世界中にある。 公開前から観たいと思っていたアカデミー賞最優秀外国映画賞受賞作品。 シネマライズっぽくないなぁ〜なんて思いなが ...
2011.08.22 / URL

『未来を生きる君たちへ』

小夜啼鳥は心の赴く方へと羽ばたく。 その決断が美しい歌声になるとそう信じて。 『未来を生きる君たちへ』 2010年/デンマーク・スウェーデン/118min 監督:スサンネ・ビア 出演:ミカエル・パーシュブラント、トリーネ・ディアホルム 理念ならいつも心の根底に
2011.09.02 / URL

未来を生きる君たちへ

 『未来を生きる君たちへ』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見てきました。 (1)デンマーク映画としては、『光のほうへ』を見たばかりながら、評判が高そうなので、映画館に行ってきました。  映画では、少年のエリアスとクリスチャンとの関係、2人とクラスメイトとの...
2011.09.07 / URL

よりよき世界に〜『未来を生きる君たちへ』

 Hævnen  IN A BETTER WORLD  デンマーク郊外に住む少年エリアス(マルクス・リゴード)は、学校でいじめ に遭っている。エリアスの父アントン(ミカエル・パーシュブラント)はアフ...
2011.09.21 / URL

プロフィール

HN:
藤井みつる
HP:
性別:
非公開
職業:
漫画家
趣味:
映画鑑賞と寝ることと城
自己紹介:
好きな映画
……《邦画》 太陽を盗んだ男、鬼畜、穴、切腹、キッズ・リターン、しとやかな獣、蝉しぐれ、クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲、築城せよ!、MIND GAME、ジャズ大名
……《洋画》 新しき世界、ニューシネマパラダイス、リトル・ダンサー、バベットの晩餐会、暗くなるまで待って、オールド・ボーイ、グラン・トリノ、バーバー、キリクと魔女、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ、ペーパー・ムーン、アパートの鍵貸します、トイ・ストーリー、ブラス!、デリカテッセン、ベルヴィル・ランデブー、カイロの紫のバラ、ヘドヴィグ・アンド・アグリーインチ、死刑台のエレベーター、オーケストラ!、アンプロフェット、ゴッド・ファーザー、ユージュアルサスペクツ、ドリームガールズ、ブルース・ブラザース、バグダッド・カフェ、シザーハンズ、善き人のためのソナタ、レザホアドッグス、クール・ランニング、ぼくのエリ200歳の少女、ペテン師とサギ師~だまされてリビエラ~、アーティスト

てくてくなみすけ

杉並区のマスコット

アクセス解析

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カウンター

最新CM

アクセス解析

Copyright (C) ふじーの。 All right Resieved.
TEMPLATECusBlo MATERIALPearl Box 忍者ブログ [PR]