忍者ブログ

ふじーの。

漫画家 藤井みつるの公式ブログ

HOME映画(ヒューマン)最強のふたり

最強のふたり

監督:エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ
出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シーほか
公式サイト→「最強のふたり」

【あらすじ】事故で障害を抱えたフィリップ。彼は大富豪なので、身の周りの世話をしてくれる人を多数雇っている。住み込みでメインの介護福祉士を募集。やってきたのは異世界からきたようなドリスだった・・

何度か書いてるので覚えてらっしゃるかもですが。
個人的には病気ネタや障害を扱ったものがあまり好きじゃないんです。
なぜかというと、「こんなに大変な病気なのに健気に頑張ってる」「えらいでしょう」「辛いだろうに」「かわいそう」といった目線をなんとなく感じるからです。
なんだかそれって、そんなつもりはないかもしれないけど上から目線じゃないか・・・?
もちろんネタを扱ってるすべての作品がそういうわけじゃないんですけども。

ところがこの映画ではそういう感覚が無い。まあ状況として大富豪だからってとこもかなり大きいとは思うんだけど。

うん、自分もあくまで想像上でしか言えないことではあるんですが。
毎日泣いて暮らしてるわけでもないだろうし、冗談を言い合って笑ってたっておかしくないじゃん?喧嘩したっておかしくないじゃん。日常を送ってるんだから。と病気ネタのを観るともやーっと思っておりました。
それぞれ作品の狙いによっての編集や切り取り方の問題っちゃそうだけど。

この作品内では、いきなり不躾じゃないかとも思えるドリスの屈託のないブラックジョークや、それに負けじと返すフィリップの様子があって、同情じゃなく友情だよねって感じる。気を遣ってないわけじゃないけど対等と思える。
だからこその二人の笑顔が眩しい。

お涙頂戴なつくりじゃないので泣きません。むしろそこがいいです。素敵です。

拍手

PR

プロフィール

HN:
藤井みつる
HP:
性別:
非公開
職業:
漫画家
趣味:
映画鑑賞と寝ることと城
自己紹介:
好きな映画
……《邦画》 太陽を盗んだ男、鬼畜、穴、切腹、キッズ・リターン、しとやかな獣、蝉しぐれ、クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲、築城せよ!、MIND GAME、ジャズ大名
……《洋画》 新しき世界、ニューシネマパラダイス、リトル・ダンサー、バベットの晩餐会、暗くなるまで待って、オールド・ボーイ、グラン・トリノ、バーバー、キリクと魔女、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ、ペーパー・ムーン、アパートの鍵貸します、トイ・ストーリー、ブラス!、デリカテッセン、ベルヴィル・ランデブー、カイロの紫のバラ、ヘドヴィグ・アンド・アグリーインチ、死刑台のエレベーター、オーケストラ!、アンプロフェット、ゴッド・ファーザー、ユージュアルサスペクツ、ドリームガールズ、ブルース・ブラザース、バグダッド・カフェ、シザーハンズ、善き人のためのソナタ、レザホアドッグス、クール・ランニング、ぼくのエリ200歳の少女、ペテン師とサギ師~だまされてリビエラ~、アーティスト

てくてくなみすけ

杉並区のマスコット

アクセス解析

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 23 24
26 27 28 29 30

カウンター

最新CM

アクセス解析

Copyright (C) ふじーの。 All right Resieved.
TEMPLATECusBlo MATERIALPearl Box 忍者ブログ [PR]