忍者ブログ

ふじーの。

漫画家 藤井みつるの公式ブログ

HOME映画(ヒューマン)キッズ・オールライト

キッズ・オールライト

kids.jpg監督:リサ・チョロデンコ
出演:アネット・ベニング、ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、ミア・ワシコウスカ、ジョシュ・ハッチャーソンほか
2011.4.29よりロードショー
公式サイト→「キッズ・オールライト」

《あらすじ》 レズビアンの夫婦。彼女たちは精子バンクを利用して一人ずつ子供を産み、育てている。長女は18歳、長男は15歳。長男は遺伝子上の実の父に会いたいと言いだし、それをきっかけに家族の姿が変わっていくのだが…


日本ではなかなか見られない家族構成。アメリカでも珍しいほうなんじゃないかと。
でも変わっているのは家族構成だけで、描かれているのは家族愛という普遍的なものだった。

実の父親が絡んできたことで、夫婦仲もうまく回らなくなったり、あるいは父親に子供たちがなついていくのがおもしろくなかったり、とこじれていく。
でも彼女たちは家族に常に正面からぶつかって、わかりあおうと努力する。恥ずかしいだのめんどくさいだので済ませず、ちゃんと向き合おうとするって大事よね、と改めて教えられた気がします。

子供だとばかり思ってた二人も、いつの間にか逆に両親を心配するような大人になっていた。嬉しいような寂しいような。二人の喜ばしい成長は、両親である彼女たちの努力と愛の結晶ですね。家族ってのは血のつながりだけとか性別とかで出来上がるもんじゃあないのかもしれん~。

しかし遺伝子パパのポールは結局この家族に振り回されて、かわいそうな扱いだった。自分の好きにしてきた結果っちゃあそうなのか。なんか個人的に考えさせられる。

拍手

PR

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

『キッズ・オールライト』お薦め映画

この5人の登場人物が一つのテーブルで食事をするシーンは笑いを誘う、実に奇妙な光景だ。ポールは遅れてきた真の家族か、排除されるべき侵入者なのか…? こんな家庭が将来あなたのご近所さんになるかもしれない。新しい形の家族の普遍的な悩みを描く、お薦め作品だ。
2011.04.05 / URL

プロフィール

HN:
藤井みつる
HP:
性別:
非公開
職業:
漫画家
趣味:
映画鑑賞と寝ることと城
自己紹介:
好きな映画
……《邦画》 太陽を盗んだ男、鬼畜、穴、切腹、キッズ・リターン、しとやかな獣、蝉しぐれ、クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲、築城せよ!、MIND GAME、ジャズ大名
……《洋画》 新しき世界、ニューシネマパラダイス、リトル・ダンサー、バベットの晩餐会、暗くなるまで待って、オールド・ボーイ、グラン・トリノ、バーバー、キリクと魔女、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ、ペーパー・ムーン、アパートの鍵貸します、トイ・ストーリー、ブラス!、デリカテッセン、ベルヴィル・ランデブー、カイロの紫のバラ、ヘドヴィグ・アンド・アグリーインチ、死刑台のエレベーター、オーケストラ!、アンプロフェット、ゴッド・ファーザー、ユージュアルサスペクツ、ドリームガールズ、ブルース・ブラザース、バグダッド・カフェ、シザーハンズ、善き人のためのソナタ、レザホアドッグス、クール・ランニング、ぼくのエリ200歳の少女、ペテン師とサギ師~だまされてリビエラ~、アーティスト

てくてくなみすけ

杉並区のマスコット

アクセス解析

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カウンター

最新CM

アクセス解析

Copyright (C) ふじーの。 All right Resieved.
TEMPLATECusBlo MATERIALPearl Box 忍者ブログ [PR]