忍者ブログ

ふじーの。

漫画家 藤井みつるの公式ブログ

HOME映画(ヒューマン)イヴ・サンローラン

イヴ・サンローラン

監督:ジャリル・レスペール
出演:ピエール・ニネ、ギョーム・ガリエンヌ、シャルロット・ルボンほか
公開中
公式サイト→「イヴ・サンローラン」

【あらすじ】女性のハイブランド。有名なイヴ・サンローラン。その創始者であるイブと
彼を取り巻く人々を描き出した、実在の人物をモデルにした作品。


この主役のピエール・ニネを私は初めて観たんですけど、強烈な印象で忘れられなくなってしまった。
まず本人のスタイルがマネキンみたいに整っている。ハンサム・・・かどうかはちとわからないんだけど、役の「稀有な才能に恵まれているけれども繊細で不安定」というイメージにがっちりはまりすぎて。
イブ・サンローラン本人にしか見えなくなりそう・・

内容はイブがディオールのデザインを手掛けるようになるところから、自分のブランドを立ち上げて栄光と挫折を味わいながら、パートナーのピエールと過ごしていく20年間。

二人はゲイ・カップル。でももうそんなんどうでもよくなるね。観ていくと、才能と傷つきやすさを併せ持ってるイブはもろ刃の剣で、パートナーのピエールはそれを支えていく関係でありますが、だんだんピエールがオカン的役割になっていくのです。ピエール本人としちゃあつらいよなあ。そこまで到達したら唯一無二なので、恋人の胸の中に不動の地位ではあるものの。恋人というよりは息子の反抗期や恋愛も受け止めてあげないといけなくなっちゃう。

そして何か作り出す苦悩っていうのはどんなにさせてくれても、本人にしかわからないもので。二人の関係が近いほどお互い分かち合えなくて辛いのかもしれない。

人物伝というよりは大人の恋愛映画ともいえると思います。
映画と関係ないけど、こうまで到達してる関係ってすでに同性婚でええんじゃないか。そのへんの男女の夫婦と何がちがうのか教えてもらいたいくらいだ。

拍手

PR

プロフィール

HN:
藤井みつる
HP:
性別:
非公開
職業:
漫画家
趣味:
映画鑑賞と寝ることと城
自己紹介:
好きな映画
……《邦画》 太陽を盗んだ男、鬼畜、穴、切腹、キッズ・リターン、しとやかな獣、蝉しぐれ、クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲、築城せよ!、MIND GAME、ジャズ大名
……《洋画》 新しき世界、ニューシネマパラダイス、リトル・ダンサー、バベットの晩餐会、暗くなるまで待って、オールド・ボーイ、グラン・トリノ、バーバー、キリクと魔女、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ、ペーパー・ムーン、アパートの鍵貸します、トイ・ストーリー、ブラス!、デリカテッセン、ベルヴィル・ランデブー、カイロの紫のバラ、ヘドヴィグ・アンド・アグリーインチ、死刑台のエレベーター、オーケストラ!、アンプロフェット、ゴッド・ファーザー、ユージュアルサスペクツ、ドリームガールズ、ブルース・ブラザース、バグダッド・カフェ、シザーハンズ、善き人のためのソナタ、レザホアドッグス、クール・ランニング、ぼくのエリ200歳の少女、ペテン師とサギ師~だまされてリビエラ~、アーティスト

てくてくなみすけ

杉並区のマスコット

アクセス解析

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンター

最新CM

アクセス解析

Copyright (C) ふじーの。 All right Resieved.
TEMPLATECusBlo MATERIALPearl Box 忍者ブログ [PR]