忍者ブログ

ふじーの。

漫画家 藤井みつるの公式ブログ

HOME映画(ヒューマン)さすらいの女神たち

さすらいの女神たち

sasurai.jpg監督:マチュー・アマルリック
出演:マチュー・アマルリック、ミランダ・コルクラシュア、スザンヌ・ラムジーほか
映画公式サイト→「さすらいの女神たち」

≪あらすじ≫ 敏腕プロデューサーだったジョアキム。問題をおこして業界にいられなくなり、フランスでのすべてを捨ててアメリカへ。ショーダンサーグループ=ニューバーレスクを連れて、数年後にドヤ顔でフランス公演に戻ってくるのだが・・・ カンヌ映画祭最優秀監督賞受賞


クリスティーナ・アギレラの出演してたのは「バーレスク」。
それを見てないので、バーレスクっててっきり人の名前かと思ってたんですが、ショー形式の名前なのですね。ストリップだけれども脱いでいく間をよりショーの要素を強めたものだそうです。
それがなかなか人気が高いそうで。
私は今思い起こせばあれってバーレスク?てのをずいぶん昔に何かのライブで見ました。確かにテンション上がってものすごく盛り上がるんだよね。

ダンサーというわりにはみんな熟女・・三段腹。エロイと言う感じはあまりないです。劇中でもダンサーたちが「私たちは女性のための女性のショーをやってる」と堂々と言ってました。そう、あれはダンスショーなんですね。

そうは言っても漂う場末感。ナイトクラブの蝶達。彼女たちは誇りを持ってやっててもなかなか理解はされないだろうし。例えばいわゆる普通の家族が反対しないわけがない気もするし。そう思うと、ダンサーの彼女たちは過去を一切言わないし始終明るいのだけれど、なんとなく物悲しい。それはジョアキムもそうで、せっかく故郷に戻っても離れる選択をせざるをえなくなる。世捨て人の集まりのように見えてきて、でも互いをあたたかく受け入れてる、疑似家族のような感覚を抱く。

家に帰りたいともらしてても、生涯旅の空が彼女たちの家なんではないかな、と思っちゃう。縛られなさを羨ましくもあり、また寂しいとも感じ。人生はまぶしくもしょっぱいなあ。。なんて思う作品でした。

拍手

PR

プロフィール

HN:
藤井みつる
HP:
性別:
非公開
職業:
漫画家
趣味:
映画鑑賞と寝ることと城
自己紹介:
好きな映画
……《邦画》 太陽を盗んだ男、鬼畜、穴、切腹、キッズ・リターン、しとやかな獣、蝉しぐれ、クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲、築城せよ!、MIND GAME、ジャズ大名
……《洋画》 新しき世界、ニューシネマパラダイス、リトル・ダンサー、バベットの晩餐会、暗くなるまで待って、オールド・ボーイ、グラン・トリノ、バーバー、キリクと魔女、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ、ペーパー・ムーン、アパートの鍵貸します、トイ・ストーリー、ブラス!、デリカテッセン、ベルヴィル・ランデブー、カイロの紫のバラ、ヘドヴィグ・アンド・アグリーインチ、死刑台のエレベーター、オーケストラ!、アンプロフェット、ゴッド・ファーザー、ユージュアルサスペクツ、ドリームガールズ、ブルース・ブラザース、バグダッド・カフェ、シザーハンズ、善き人のためのソナタ、レザホアドッグス、クール・ランニング、ぼくのエリ200歳の少女、ペテン師とサギ師~だまされてリビエラ~、アーティスト

てくてくなみすけ

杉並区のマスコット

アクセス解析

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カウンター

最新CM

アクセス解析

Copyright (C) ふじーの。 All right Resieved.
TEMPLATECusBlo MATERIALPearl Box 忍者ブログ [PR]