忍者ブログ

ふじーの。

漫画家 藤井みつるの公式ブログ

HOMEドラマ王と私

王と私

outowatasi.jpg韓国ドラマ 全63話BSにて鑑賞

監督:キム・ジェヒョン
脚本:ユ・ドンユン
出演:オ・マンソク、ク・ヘソン、コ・ジュォン、チョン・グァンリョル、チョン・テウほか
→「王と私」公式サイト

《あらすじ》 韓国王朝の9代目、ソンジョン王と10代目のヨンサングン王に仕えた宦官(ネシ)のチョソンの生涯を描いた。


聖君とたたえられる9代目と、その息子で暴君とされる10代目。その影になって仕えた存在にスポットをあてた珍しいもの。
政治に直接関わるような立場でもないので、おそらくは文献にもあまり残ってない人物なのでしょう。
そこを拾い上げて、多少の設定上の変更も加えつつもこれほど長い叙事詩にするんだから、いやはや。チャングムといい、韓国ドラマの製作スタッフの力量すごいよね!

全体にどんよりした暗さが漂うものの、中宮(=正妻)がピンチになっていくあたりから次が楽しみになってきました。主要な方たちの演技に青さが残ります。しかしチョン・グァンリョルをはじめとしたベテラン陣の安定感に救われて続けて見てしまう。
理不尽なことが次々彼らを襲い、あまりの悔しさややるせなさに観ていて目頭が。
どうも観ていて9代目に魅力感じにくい。いいのは顔だけ?のちに心を入れ替えるからいいのか。

スケール小さめの時代劇ですが、より人間ドラマに重点をおいた作りで重量感がありました。
ヨンサングン王の子供時代の子役チョン・ユンソクくんが、殺人的に可愛いのですよ…!!!
身もだえしてしまいました。まさか育ってああなってしまうとはなあ。
10代目のヨンサン王は映画「王の男」にも描かれている王様で、韓国王朝の黒歴史の暴君のようです。この王様にまつわる劇など多そうだ。私は「王の男」も好きですが、男色が出てくるからなのか日本ではあまり受けなかったみたいですね。

悪役好きな私としては、ソリョン役のチョン・ヘビンさんの左右対称の作りの顔の美しさにもホレボレいたしました。黄金律の顔って本当にあるんだなあ。
チョン・ハンスの小粒ながらわきまえてる悪さも楽しかったです♪
特に時代劇は悪役が輝いてくれてるのがたまらないですね。ビバ悪役!

拍手

PR

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

プロフィール

HN:
藤井みつる
HP:
性別:
非公開
職業:
漫画家
趣味:
映画鑑賞と寝ることと城
自己紹介:
好きな映画
……《邦画》 太陽を盗んだ男、鬼畜、穴、切腹、キッズ・リターン、しとやかな獣、蝉しぐれ、クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲、築城せよ!、MIND GAME、ジャズ大名
……《洋画》 新しき世界、ニューシネマパラダイス、リトル・ダンサー、バベットの晩餐会、暗くなるまで待って、オールド・ボーイ、グラン・トリノ、バーバー、キリクと魔女、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ、ペーパー・ムーン、アパートの鍵貸します、トイ・ストーリー、ブラス!、デリカテッセン、ベルヴィル・ランデブー、カイロの紫のバラ、ヘドヴィグ・アンド・アグリーインチ、死刑台のエレベーター、オーケストラ!、アンプロフェット、ゴッド・ファーザー、ユージュアルサスペクツ、ドリームガールズ、ブルース・ブラザース、バグダッド・カフェ、シザーハンズ、善き人のためのソナタ、レザホアドッグス、クール・ランニング、ぼくのエリ200歳の少女、ペテン師とサギ師~だまされてリビエラ~、アーティスト

てくてくなみすけ

杉並区のマスコット

アクセス解析

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カウンター

最新CM

アクセス解析

Copyright (C) ふじーの。 All right Resieved.
TEMPLATECusBlo MATERIALPearl Box 忍者ブログ [PR]