忍者ブログ

ふじーの。

漫画家 藤井みつるの公式ブログ

HOME宝塚の記事

宝塚雪組公演『仮面の男』を観てきた

kamennnootoko.jpg宝塚雪組公演『仮面の男』『ROYAL STRAIGHT FLUSH!』を観てきた。

≪あらすじ≫フランス国王ルイ14世。太陽王とも言われた彼は、実は双子。片割れは30年あまり幽閉されていたが、ルイ13世につかえていた三銃士が双子の兄を救い出し、2人を入れ替えることを画策する…


映画でもありました、仮面の男の宝塚版。東京公演前に兵庫の宝塚での公演があったわけですが、そちらでの評判は正直散々なもの。両方を観た方の説明を聞きましたら、東京公演は別物かと思うくらいの修正が入っているようです。
覚悟していったけれども意外と普通に楽しく観られました。場面場面の演出は面白いものもあったのですが、ただ、お芝居全体の構成が悪い。ルイ14世の酒池肉林ぶりはもっと短くまとめちゃってもいいし、特に設定説明のところはもっと簡潔にして本編後半の展開に時間をまわすべきなのでは。
友情面・恋愛面とも物足りなく感じたのはその構成のせいでしょう。

ぽつんと登場しての剣の踊りや、ドレスから抜け出すのなどはすごく良かったんだよー。

一人二役でのトップ音月さんや、みんな布張った上での立ち回りなど、出演されてる方々はええもん見せてくれてるだけに、もったいなかった。前回のハウトゥ~に比べても、音月・早霧・未涼さん達の歌&踊りもぐっと上達してる気がするのにな…。

ショウの『ROYAL STRAIGHT FLUSH!』は楽しかった~。衣装もかわいいし、舞台をめいっぱい使ってくれて、客席降りもあり。とにかく懐かしナンバーを、アップテンポに休みなくどんどん歌い踊ってくれまして、これは出てる人たち体力的にものすっごいキツイショウなんだろうなあと思いながらも観客は盛り上がっていい気分で帰れました。雪組ファイブかわいいよ~!

『仮面の男』脚本:演出:児玉明子
『ROYAL STRAIGHT FLUSH!』作・演出:斎藤吉正
出演:音月桂、舞羽美海、早霧せいな、未涼亜希ほか



拍手

PR

宝塚宙組公演 ヴァレンチノ を観てきた

<br />出演:大空祐飛、野乃すみ花、寿つかさほか
作・演出:小池修一郎

ハリウッドのサイレント全盛期のスーパースター、ルドルフ・ヴァレンチノの生涯を描いた舞台。
イタリアから移民としてアメリカへ。いつかオレンジ農園を開くことを夢見ていた少年は、紆余曲折をへてハリウッドへ。そこで見出され、世紀のスターとなるも、若くして夭逝する。


もやあんと、急に亡くなって、熱狂的なファンが後追い自殺したんだっけ?程度の知識しか持っていませんでしたが。
観終わったあとじーんとしちゃいましたね。
何度目かの再演らしいですが、それも納得の、大人ならわかる胸にしみる内容でした。

ルックスからどちらかといえばセクシャルだったりワイルドなイメージを抱かれてたらしい(今回の内容ではそう)けれども、本当の彼は、どちらかといえば純朴。イタリアから夢を抱いて新天地にやってきた少年のままで、世間や周囲のイメージとのギャップに苦しんだようです。
逆にトップスターになりながらスレもせず純真さをキープしてるほうが凄いとも思うのですが、本人としては、根が正直なだけに辛い状況だったのですね。

大人になってから観てると、もし亡くならなかったら…も想像しちゃうんですけども、そこは書かないでおきます。観た方が想像したほうが楽しいですよね。

拍手

宝塚花組公演「ファントム」を観てきた


作:アーサー・コビット
潤色:中村一徳
出演:蘭寿とむ、蘭乃はな、壮一帆ほか

《あらすじ》 パリ、オペラ座。オペラ座の支配人さえもその存在を無視できない、謎の怪人伝説がある。怪人はオペラ座に巣食っていて、公演に納得いかなかったりすると抗議してくる。そんななか、オペラ座を買い取った夫婦が好き勝手に経営しようと活動し始める。怪人は天使のような声を持つ衣裳係=クリスティーヌに惚れこみ、彼女の後押しをするのだが、支配人夫婦は…


有名な『オペラ座の怪人』のアレンジ。個人的にはこちらのほうが好き。元のオペラ座の怪人は、キモイストーカーに見出されたクリスティーヌが最後にはまんまと逃げおおせ、おいしいとこ取りした話…そんな認識だったので、「ファントム」では怪人にも過去も事情も素直な恋心もありまして、と見せてくれるこちらのが理解しやすい気がします。

花組は春にトップが交代して、それまで宙組だった蘭寿さんが花組に出戻ってのトップ就任、お披露目公演。トップのコンビも新たに蘭蘭コンビとしてスタート。娘役のはなさんはクリスティーヌにはちと歌唱力が足りないかな~と思うも、二番手壮さんとの銀橋で蘭寿さんとデュエットした場面は、聞き応え・見ごたえありました。立派なトップでした。

衣装や舞台もキラキラ。もしファントムが好みでなくても観てるだけでも楽しめる事請け合い。オススメします。
嫌味な役=カルロッタを演じた桜一花さんも素敵でした。すごい好きになったよ。

拍手

宝塚雪組公演「ハウトゥサクシード」を見てきた


ちと遅くなってしまいましたが。
雪組公演「ハウトゥサクシード」を観てきた。

何年か前に真矢みき主演で公演されたものの再演。もとはブロードウェイのミュージカルで、最近ではダニエル・ラドクリフ出演で話題になっておりました。


努力しないでサクサク出世していく、お気楽で上昇志向の強い感覚は、さすがに初演が60年代のアメリカの風潮が出ています。コメディタッチで楽しい作品でした。

ヒロインの友人=スミティがもう~アグリー・ベティみたいで可愛いんですってば。
ヒールに靴下。この当時はすごい斬新な格好だったのではないでしょうか。
社長や会長も素敵にエロオヤジでたまりません(笑)。

レビューが無かったため、少しのダンスで終わってしまったのは、私の御贔屓さんの素敵ダンスが減って残念でしたけども。
明るいまっすぐな青年役が音月さんのカラーてことなのかな?確かにカラッとしてて似合う。

拍手

宝塚宙組公演:美しき生涯・ルナロッサを見てきた

宙組公演の「美しき生涯」とレビュー「ルナロッサ」を見てきた。

一部のお芝居のほうは戦国時代を駆け抜けた、石田三成と茶々のラブロマンス。
けっこう駆け足…。随所の演出が「ん??」とちょっと楽しい。
押せ押せの茶々と腰が引けてる三成。
草食系だったのか…。

レビューの「ルナロッサ」は中近東のようでありながら、雑多な世界でタップ?もあり、盛り上がる。
私このレビュー好きだわ。
娘役の野乃すみ花さんはダンスの時の腕がキレイなのですよ~。特に、肘のポイントが。これから観られる方、肘にも注目したって。

今公演から組み換えで凰稀かなめさんが二番手へ。その影響なのか、心なしか皆さんダンスが濃い目なテイストに変わった気がします。新風で面白いですね。

拍手

プロフィール

HN:
藤井みつる
HP:
性別:
非公開
職業:
漫画家
趣味:
映画鑑賞と寝ることと城
自己紹介:
好きな映画
……《邦画》 太陽を盗んだ男、鬼畜、穴、切腹、キッズ・リターン、しとやかな獣、蝉しぐれ、クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲、築城せよ!、MIND GAME、ジャズ大名
……《洋画》 新しき世界、ニューシネマパラダイス、リトル・ダンサー、バベットの晩餐会、暗くなるまで待って、オールド・ボーイ、グラン・トリノ、バーバー、キリクと魔女、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ、ペーパー・ムーン、アパートの鍵貸します、トイ・ストーリー、ブラス!、デリカテッセン、ベルヴィル・ランデブー、カイロの紫のバラ、ヘドヴィグ・アンド・アグリーインチ、死刑台のエレベーター、オーケストラ!、アンプロフェット、ゴッド・ファーザー、ユージュアルサスペクツ、ドリームガールズ、ブルース・ブラザース、バグダッド・カフェ、シザーハンズ、善き人のためのソナタ、レザホアドッグス、クール・ランニング、ぼくのエリ200歳の少女、ペテン師とサギ師~だまされてリビエラ~、アーティスト

てくてくなみすけ

杉並区のマスコット

アクセス解析

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カウンター

最新CM

アクセス解析

Copyright (C) ふじーの。 All right Resieved.
TEMPLATECusBlo MATERIALPearl Box 忍者ブログ [PR]